head_img

払う必要があるのか確認

安易に払ってはいいけない

インターネットが普及してきておりIT革命と言われてすっかりとインターネット文化と言うのが定着してきて今ではもうインターネットが無い世界と言うのは考えられない世の中になってきました。

しかし、とはいっても日本はインターネット後進国ですし、まだまだインターネットが必要じゃない仕事のほうが多いわけです。インターネットを普段から仕事で利用しない人やそもそも必要としていない人もいます。

そんな中で出会いを求めて出会い系サイトを利用している人も居ますが、そんな人たちが架空請求メールに騙されてしまうことが多いです。

架空請求メールに引っかかりやすいのは特にご年配の方が多いです。ご年配の方は請求書が来たら払わなければいけないという感覚を持っている人も多いため騙されてしまいがちです。

一度でも払ってしまったらその後は何度も架空請求メールが届くようになりますので気をつけるようにしましょう。

まず出会い系サイトを利用して架空請求メールが来たとしても本当に払わなければいけないものかどうか確認をしましょう。

大体は長く難しい文章で請求メールが届きます。難しい文章で書かれているのでついつい払わなければいけないと思ってしまいがちですが、身に覚えが無いのであれば払ってはいけません。

本当に払わなければ行かなかった場合は書類で届きます。怪しいと思ったら書類で届くまで待ちましょう。

不安だったら生活消費者センターに相談をしましょう。


ページトップに戻る